2012年11月の記事 - 1ページ目 - つつみこむように~Lumi Cantabile~

今に親しむ

車を運転をしていると、Bank Band さんのto U という歌を気づけばふと口ずさんでいました♪今を好きに もっと好きになれるからあわてなくてもいいよこの歌本当に、心地良い歌ですよね「今のままじゃ駄目だ」と思い込みを抱いていたことに気づき、『今のままでいいんだ(あるがままでいいんだ)』と本当の意味で認識する。すると、今という奇跡である瞬間 と親しくなる(今を好きになる)機会 を与えられる。『今に在る』ことが当...

新たな世界

知っている と思っているつもりだったところに、また更に奥行が在ることをしった。世界が拡がる。...

スピードをあげて…

気づけば目の前に12月。今年もものすごく速いスピードで時間が過ぎていってますが、日々学ぶことが充実していて、より一層時間を速く感じさせてくれます。そのせいか、時間の長さがもたらす物事の概念が変わってきているようにも感じます。以前だったら当たり前の長さだったのが、今はそんなに長さが必要にないと感じたりすることも逆にあったりします。時間って考えだすと面白いですねこの時期の落ち葉を見ると、同時にいもとよう...

テノナルホウヘ♪

ただ楽しい方へ・・・♪日々、結果に執着せず(恐れず)、こういう結果になると期待することに囚われないで、ただ楽しむことは、今 という「過程」に留まらせてくれる。楽しもうと「する」のでなく、興味を引く方へ向いていく。ただ手のなる方へ♪それはプロセスに立脚してできる通り道への案内板。在る という状態への道しるべ。 愛だけがただ在るところに。 撮影した日は、メンテナンスの為登れませんでしたが、木の上にできた家...

花鳥風月

ちょっと模様替えのつもりが、部屋の大きい家具を十何年ぶりかに動かし、大掃除になり、夢中で綺麗にしている時にふと気になった言葉。花鳥風月自然の美しさの代名詞的に使われている言葉のようですが、『細切れではなく散らばって見えて実は全ては繋がっているひとつの"美しさ"を見せてくれる自然の在り様』を、この言葉から感じさせられます。私たちの本来の姿の代名詞 とも言えるのかもしれない… と、部屋の今まで手が出せな...

光そのもの

「人間そのものが動いて アートができる」とふとつけたテレビ番組から流れてきた言葉。この言葉が指している感覚を認識していることが大切なんだな…と改めて感じました。まさにヒーリングだ と感じワクワクしました♪晴れ間の太陽の光も綺麗ですが、雲間から除く太陽の光も幻想的です...

踊り場でダンス♪

ダンス優劣をつけず、善し悪しの判断をせず、備わっている全ての環境のありのままを「これこそが踊り場だ」とよろこびながらそこに立ち、ただ純粋に愉しむ結果踊っているダンスそこが「踊り場」だったんだ と気づけば、そのものを愉しむことで結果として踊りになる。「踊り場」で音の波に身を任せそれが紡ぎだす流れに乗って愉しむ。踊ろうとして踊るのではなく、「踊り場」で耳を澄まして、音の波に流されることを愉しむことで踊...