光である - 未分類
FC2ブログ

光である

author photo

ByLumi03

-
Some day, My favorite idol said with watching Cactus." I want to embrace you even if I was hurt by you."
Since then, it has become my own catch phrase.
" I want to embrace you even if I was hurt by you."
Everyone has their own thorns.
I also have.
It's fine with me, and I just embrace you. Because this feeling come from my instinct.
It may be compared to kindergarteners who can't be honest and say towards adult "go away". 
It's fine with me, and I can't stop embracing them.
It's my own being ,the light.
I'm Rumi, Lumi.
What is rival?
We all are friends, not rivals.
We know that true healing is just in there.
                                     - Rumi Nanba -
ある時、わたしのお気に入りのアイドルがサボテンを見て言いました。
「傷つけられても抱きしめたい」
それ以来、わたしのキャッチコピーはアイドルの言葉を拝借しています。 
傷つけられても抱きしめたい
みんな誰しもトゲをもっています。
わたしももっています。
それでもいいから抱きしめたいと思うのはわたしの性•本能なのです。
幼稚園の子どもたちが、素直になれずに「あっちに行け~」と言っても抱きしめずにはいられないのと同じなのです。
それが、わたしにとって光であることだから。
わたしはるみ、光です。
ライバルってなんですか?
私達はみんな友達であり、ライバルではありません。
私達は知っています。
そこに真のヒーリングは存在している。
                                             - 難波 るみ -

Lumi Cantabile セッションメニュー
• リコネクション
• リコネクティブ•ヒーリング
Share