ヒーリングのプロセス(in パームスプリングス) - リコネクション♪私の道
FC2ブログ

ヒーリングのプロセス(in パームスプリングス)

author photo

ByLumi03

-
アメリカのパームスプリングスでのカタリスト(リコネクティブヒーリングのセミナー)に参加してきた時に、
貴重な体験をしてきたのでその体験をシェアします!

201912192216461c2.jpeg

今回、ゲストセッションでstudetプラクティショナーの方からクライアント役として
対面のヒーリングを受ける機会がありました。

椅子に座って15分ほど目を閉じていたのですが、
始まって直後、顔がポカポカ温かくなりはじめました。
そして何か押されるような大きな圧力が身体の上から下に向かって降りていく感覚を感じました。

すると、私の身体の周りを、
私を中心に本のページをめくるように凄く速いスピードで何かが廻っているのを感じ始めました。
絵にするとこんな感じです。
201912192211315e2.jpeg



その直後、涙が溢れだし、止めようと思っても止まらず、涙が流れ続けだしました。
座ってヒーリングを受けていたので、
涙がどんどん服を濡らしていく感覚を感じていました。

このあと、エンディングがあり、受講生の方が帰られるからお見送りするため、
泣いてる場合じゃないのに…と思っていると、

その時わたしの目の前に、
三角形の中から私を見つめる1つの大きな緑色に光った瞳を目にしました。


そしてその瞳がわたしにこう言いました。

「trust me」

それは、短い言葉でしたが、ずっと心に響いていました。

2019121922113068c.jpeg


それから少しして、セッションが終わり、
プラクティショナー役の受講生さんに体験したことをフィードバックしました。


涙が流れていたので、その受講生さんはビックリされていましたし、
私の服もかなり濡れていたので自分自身もビックリした出来事でした。


でも、そのセッションの後には実はまだ続きがありました…。


20191219223743333.jpeg
  
 セッションが始まる前に、ゲスト番号が書かれたシールを私は胸につけ、
セミナールームの入り口で待機していました。
その時、そのシールがなぜか何処かに消えてしまい、仲間に一緒に探してもらっていました。
結局その時は、別の番号のシールで対処したのですが。。


それから、
セッションが終わり、トイレに入ってカーディガンを脱いだ瞬間、
ある光景にビックリしました❗️


なくなっていたと思っていた初めの番号のシールが、何故か、脱いだカーディガンの内側の背中部分に張り付いていたからです‼︎

この事態に、一気に色んな緊張がほぐれ、
笑えてきて、私はニヤニヤしながら、一緒にシールを探してくれていた仲間に

「シールがね、あったの!見て‼︎」

とカーディガンを開いて見せると、
その友人も、思ってもいないところにシールがあったことにビックリし、

2人で
「おかしすぎるね!」
「ありえない!」
と笑い合いました。

その出来事が、思いもよらないことだったので、私も友人も笑うことが止められなくなり、
一旦落ち着きを取り戻しても、
お互いの顔をまた見合うとまた笑い出し…を繰り返していました。

「こんなことってある?
さっきまであんなに涙を流していたのに、
こんどは笑いが止められないよ」

と話していると、

「ヒーリングだね!」とその友人が一言。

「そうだね!ヒーリングのプロセスを体験してるんだね‼︎」と私も答えました。
20191219224211404.jpeg

 
リコネクティブヒーリングにより、深いレベルからのエネルギーの交流がもたらされることで、
私たちの感情も深いところから解放されていきます。


ですから、リコネクティブヒーリングのセミナーでの実地練習中、

クライアント役をしている人が笑いが止まらなくなったり、
かたや、涙が溢れて止まらなくなったりする光景がよく見られます。


その、出来事だけを見ると、見ている側は、
「大丈夫かな? 」
と心配して手を差し伸べたくなりますが、
それは見ている側の判断に過ぎず、
実際にその人がどんなことを内側で体験しているかは、外側から見る人には測れないことが多々あります。

ただ、その体験(泣いたり、笑ったり)をする必要がその人にはあり、
そこには何もジャッジは必要ないのです。

実際にわたしも、涙のあと、止まらなくなるほど笑い転げましたからね😊

20191219222051fa1.jpeg

♧リコネクティブヒーリング  
♧リコネクション
♧オンラインコースのご購入はこちらから (日本語によるご購入ガイドはこちら)



Share